大阪で転職してスキルアップするには

大阪は古くから商人の町としても非常に有名であり、独特のビジネスの世界があるといっても過言ではありません。その為、大阪で仕事をすることは、様々な意味で刺激になることが多いものです。
大阪では、その話し方にも象徴されるように、何をするにもスピート感が求められます。東京など関東の人からすると、早すぎて何も考えていないのではないかと思うぐらいに物事を即断即決する人が多いのです。したがって大切な商談であってもすぐに判断が下されるため、限られた時間の中でいかに相手の心を掴み、またいかに早く的確な決断を下せるかがカギになってきます。
時間をかけてよい仕事をするという人も多いのですが、全ての仕事が時間を掛けられるというわけではありません。限られた時間の中で的確な判断を下さなければいけない場面も多々あります。そのような仕事の仕方をしなければならない環境に身を置くことも、スキルアップという中では大きな意味を持つものです。
大阪で転職をするメリットは、このような環境に身を置くことで物事を即断即決するための情報の速さや、頭の回転の速さを養う意味でも大きなスキルアップになるでしょう。このような仕事の進め方はできないよりはできた方がよいからです。大阪に限らずとも、最近のビジネスはスピードが勝負であり、長く時間をかけすぎるとそれだけライバルが追い付いてくるものです。その意味では、大阪で経験することは、自分の仕事の上で大きなプラスになるのです。

大阪に転職メリット・デメリット

大阪は、とにかくスピードが速い印象があります。その為、何事も勢い、またスピードという認識が強く、現代のビジネスの進め方としては非常に理にかなっている部分があります。その為、大阪の会社に転職して働くということは、そのスピード感を身に着けることでもあります。
そのスピード感は実は大阪以外の場所でも非常に役立つことが多いのです。特に海外の顧客との取引が多い商社の営業マンなどは、外国人との直接の商談も多く経験します。外国人は往々にして日本人の焦らすような部分が非常に苦手です。イエスとも言わない、ノーとも言わない、はっきりしない態度が嫌だという人も多いのです。その点、大坂の人は話が早いので、外国人の商談のペースと合っているのです。この感覚が身につくということも大阪に転職するメリットでしょう。
しかし、デメリットも多くあります。大阪でペースの速い仕事ばかりをこなしていると、関東以北、東北地方のペースとは全く合わなくなってしまう面があります。東北の人はすぐに結論を出すことを嫌います。これは相手の立場になって考えすぎてしまう部分があるからです。東北人は断る際にも相手を傷つけないことを前提に考えてしまいます。したがって、全く脈の無い商談であっても、じっくり検討しますという回答を示すことが多く、これに対して即決を迫ったり、または自ら話を終わらせてしまいうまくいくものも自ら壊してしまうことも有るので注意が必要です。
大阪で転職することはよい事ばかりではありません。しかし、両面含めて学ぶことができるのも大きなメリットであると言えるでしょう。

大阪に転職する前に準備しておくこと

大阪の町について良く勉強しておくことは、大阪に転職する前に必ずやっておきたいことのひとつです。大阪の人はとにかくスピードが速いので、何か話すたびに聞き返されると話の腰を折られたと思い、仕事もうまく進まないものです。また、相手の話を良く聞き、相手についていくためには、話すスピードも研究してみましょう。特に東京などでゆっくり話す訓練を受けている人も多いと思いますが、ゆっくり話しているとまどろっこしいと思われてしまうのも大阪の特徴です。
転職前の準備としてはほかにも、生活していくための様々なことがあります。必要なことは事前に勉強し、知識として備えて万全の準備で仕事に臨むためにその癖を付けましょう。すべてのスピードが速いので、相手に対応する知識を持っていないと、聞き返した瞬間に仕事の出来ない人間との烙印を押されてしまうこともあるのです。
東京ではどちらかというと指示されたこと以外は行ってはいけないという風潮がありがちなのですが、この町ではそうではなく、言われる前にやることが要求されます。一般的にビジネスの世界では当たり前の様な事に聞こえますが、東京では組織での仕事を優先するために勝手に動いてはいけないというのが暗黙のルールです。
しかし大阪では言われる前にやることが実践の上でも当たり前で、それができないとやはり仕事ができない人間と思われるので注意が必要です。
このように東京と大阪では仕事の進め方や心構えが全く異なります。この切り替えを行うことが、転職前に最も重要なことです。